公式Blog
2018年07月11日 23時50分投稿

デリヘル-パイ-小山店 バナー
受付電話番号 0285-37-8181

風俗嬢の総選挙は本物なのか? デリヘル業界への提言!!

ナイタイマガジン2002年3月号と4月号

本日もたくさんのお電話ありがとうございました。
まもなく受け付け終了でございます。

さてさて、風俗業界の方にも注目されている当ブログ。
ちょっと業界ネタを。


写真は昔々風俗雑誌の定番だった「ナイタイマガジン」の2002年3月号と4月号です。たまたますぐ届く手元にあったものです。歴史ヲタクの店長は歴史資料として何でもとっておきます。



この「ナイタイ」がですね、今から20年ぐらい前に風俗嬢のミスコンをやったのですよ。まだモーニング娘。もメジャーじゃない? もしくはデビューしていない時代です。その時代に「ミスナイタイ」を決めるイベントをやったんです。

イベントは盛況で「ミスナイタイ」も決まって無事終了しました。
んがっ!!! イベント会場の前の方に座っている方々は誰も帰らないんですよ。
そのうち怒号が飛び交い・・・。

何がおきたかと言うと、前の方にいる方々は「表四」と呼ばれる裏表紙に広告を載せているお店の幹部達や、巻頭や見開き広告を出しているお店の方々だったんです。
「ナイタイ」の裏表紙広告は1ヶ月数百万円でしかも6ヶ月縛り。数千万円単位で広告費を使っているお店の女の子がそれなりの結果にならなかったので、それはモメるでしょう。
20年ぐらい前なんてまだ風俗業界もダークな部分も残っておりました。
その後しばらく大変だったみたいです。


「ナイタイ」は古い話ですが、当店パイだって、それまでAV嬢が表紙を飾っていた栃木の風俗雑誌「シェイク」で初めてデリ嬢である当店の【はるか】ちゃんがカバーガールになった号があったのですがその時もそこそこ・・・。
それはそんなに古い話ではございません。



なぜそんな古い話を思い出したかというと、最近栃木県以外では「風俗嬢の総選挙」なるものがあるみたいです。



あるポータルサイトが企画した風俗嬢の人気投票です。アイドルグループのAKB総選挙のまねごとだと思うのですが、これがちょっとヒドいと感じる店長です。女の子がかわいそうです。

女の子達はめちゃくちゃ頑張ってます。
Twitterやブログはもちろん、名刺も作り直して「選挙活動」に頑張っています。
それだけじゃなくて、写真もスタジオ撮りしている女の子も多いです。スタジオ撮影だと高いところだと1カット10万円程度の出費です。髪、メイク、撮影、修正で1枚10万円コースです。
そのほかにエントリー料数万円。


だいたいの場合全部女の子負担です。


そこまでしても、通常の風俗ポータルサイトの仕組みだと「より多く広告費を納めている方が上位表示される」ことになっております。
ポータルサイトで最初の頃に表示されるお店は写真付きで大きく表示されているのに、下の方に行くと店名だけになっていますよね。写真付きはだいたいSコースと呼ばれる高額な掲載料が必要で、店名だけのところは無料掲載です。掲載順序は高額なSコース、次にAコースがきてBコースが表示されて、最後に無料掲載が続く感じです。良いお店、人気のあるお店だから上位表示されているわけではございません。「より多く掲載料を納めているお店が上位表示される」んです。

実は各種ランキングもこれと連動します。メチャクチャ可愛くて予約困難な人気嬢が面白いブログを連投しても、無料掲載のお店に在籍していたら絶対にランクインしません。
それが風俗ポータルサイトの仕組みです。


他店さんの女の子も見ているブログなので書きますが、Sコースで掲載していて、さらにオプションのバナー広告も数種類出していたとします。広告費をたくさん使っています。そんなお店から何人もエントリーさせたのに誰一人としてなんの結果も出せなかったら、貴女のお店の幹部はどんな行動に出ると思いますか?


他店より高い広告費を払っているのなら、お店がそれなりの結果を求めるのは当然のことでしょう。
女の子の頑張りが結果に反映されるのも当然のことでしょう。
はたしてこの二つの「当然のこと」は両立できるのでしょうか?


パイのTwitterにもたくさんの女の子からDMを頂きます。
みんなスゴく頑張っていると思います。

でもね、その頑張りは報われる仕組みになっているでしょうか?

もちろん今は時代が違います。
おそらく公正な投票の仕組みがあることでしょう。
たぶん貴女の頑張りは反映されることと思います。



では、貴女の頑張りを後押しする仕組みはありますか?
エントリー料を払うだけの価値はありますか?



テレビはハードルが高いのですが、それでも不可能ではないです。ましてやスポーツ新聞や雑誌であれば1面広告は可能です。「風俗嬢の総選挙」として広告を出すことだって、記事にしてもらうことだって出来るはずです。

自社のポータルサイト内であれば大々的なイベントの告知は簡単にできるはずですよね?

どうでしょうか?



エントリー料を払っているのに「宣伝は自分でやってくれ」ではヒドくないですか?



Twitterや名刺などでお客様を風俗ポータルサイトに誘導して、ネットのキラーコンテンツである下着姿のセミヌード写真を提供して、さらにブログを連投して。
お客様を呼んできて、コンテンツを提供して、さらにお金まで払うなんて変だと思いませんか?


Youtubeだったらお金をもらえますよ。


ポータルサイトがどれほどの情報やコンテンツをお客様に提供していますか?
プラットフォームを用意しただけじゃないですか。情報やコンテンツのほとんどはお店や女の子が用意している状態ではありませんか?
箱を用意しただけで中身と宣伝は女の子がやるなんておかしいですよ。


「こんな企画を考えたので、エントリーしてくれたら5,000円あげますよ。優勝したら100万円あげます。ついては盛り上げて下さいね。」だったら分かります。逆ですよね。なんでお金払って宣伝してあげなきゃいけないのですか? 意味不明です。



効果があるのは上位数名だけです。だって表示されるのはほんの数名ですから。10位では何の意味もないですよね。
しかも、上位の女の子達はあえて宣伝しなくても稼げている女の子ではありませんか? つまりこの企画で直接的にトクをする女の子は一人も居ないんです。



かつての「ナイタイマガジン」や「マンゾク」は結構読み応えのある雑誌でした。エロ本としても情報誌としても成り立っていました。記事がほとんどだったんです。だからお客様は740円も出して買っていたんです。風俗雑誌が740円ですよ。しっかりした中身がなければお客様に買って頂くことは出来ませんよね。



ポータルサイトが台頭して以降お店は減る一方です。特にスマホに移行してからは減るスピードが速くなっています。オフィシャルサイトのスマホ対応が出来なかったお店が、公式サイトを丸々ポータルサイトに誘導しているように思います。そしてその方式、オフィシャル放棄が一般化しています。それに比例してお客様はドンドン減っています。お店も減っています。女の子も減っています。つまり、ポータルサイトではお客様は増えないし、新人の女の子も採用できないってことです。
そこへスカウトも暗躍してきました。スカウトは勧誘することも斡旋することも違法です。



ポータルサイトとスカウトが今の風俗業界を蝕んでいると思います。



インターネットはサーバーや通信環境で表示されないことがあります。あくまでメインはオフィシャルサイトで、ポータルサイトは万が一の際のバックアップとして考えた方が良いと思います。絶対にポータルサイト頼みの営業をするべきでは無いと思います。それって他人頼みですよね。しかもポータルサイトは頼るべき相手ではないでしょう。頼るなら自社で自由に表現できるTwitterなどではないでしょうか。



おそらく今ちゃんと営業できているお店はポータルサイトを止めてもなんの影響も無いと思います。ABテストをすれば確認できます。
もちろん、オフィシャルサイトがあればの話です。オフィシャルサイトをポータルに丸投げしていたら無理です。ABテストすら出来ません。丸投げしていればお客様は「○○サイトを見ました」って言うに決まっているじゃないですか。その状態で「○○サイトはやっぱり反響があるなぁ」なんて言っていたらオメデタイことこの上ないでしょう。
オフィシャルサイトに女の子ブログの機能をつければ間違いなくオフィシャルサイトだけで営業できます。



誰に向けて書いている文章なのかはっきりしない文章なのでシメがうまくいきませんが、こんなことを書けるのも自社管理のオフィシャルサイトだから。
お客様には風俗業界裏話として、お店の管理者さんには業界提言として、女の子には「その努力ちゃんと結果が期待できる努力ですか?」として見て頂ければと思います。



店長のところに連絡をくれる女の子達は本当に頑張っていると思います。その頑張りは絶対に無駄にはなりません。必ず貴女の力となります。でも、その頑張りを横取りしている人たちには賛成できかねます。他人に努力を促して儲けようとするのはズルい。まずお前が汗を流せよと思っちゃいます。ポータルサイトの「お客様」は「お店」ではないはず。


と言うことで引き続きオフィシャルサイトの充実を図ります。
毎度ながら受付しながら、送迎しながら、ユルユルとやっております。
ちょっとずつ変わりますので気長にお待ち下さいませ。