公式ブログ

デリヘル風俗店のスタッフ

17年11月08日 13時17分投稿


access_time11時 ~ 24時

phone_forwarded0285-37-8181

デリヘル風俗店のスタッフ

心からのお願い

どんより曇り空でちょっと肌寒い。
体調を崩しやすい気候でございます。

さてさて、まだ足下の整っていないデリヘル-パイ-小山店のホームページ。始まったばかりの更新作業なのでございます。

今日はデリの裏側を公開しつつ、皆様にお願いがございます。

昭和時代はナンパのことを「陸釣り(おかづり)」なんて申したものでございます。
銀色のノートパソコンがかっこいいと言われた時代には「釣り堀サイト」なるものが流行りました。自分で今の出会いサイトのご先祖様的なものを作って、一般にも使える体裁ですが自分専用になっているサイトでございます。店長も最初に作ったホームページは「釣り堀サイト」でした。
「釣り」と言っても世界を釣っちゃうような豪快な物ではなくて、スナフキンのごとくウキを眺めて水面の下を想像する牧歌的なものです。

実は現代でもそれほど変わらなくて、女の子がやってくる時はホーページのアクセスがちょっと変わるんです。だいたい数日から2週間程度アクセスに変化がございます。ちょうどウキを眺める感覚です。その間に文言などを工夫していると、公開しているLINEに友達登録が来ます。そこからLINEのやりとりが始まって、実際に面接に結びつける感じです。面接してすぐに入店のこともあるのですが、特に10代の女の子はそこからが長くて、一番長くかかった女の子は6ヶ月かけて口説き落としました。

一人の女の子を獲得するのにメチャクチャ時間と手間と経費がかかっております。
女の子もかなり長い時間をかけて当店を選んでいます。

そこでお願いです。

1) しつこい本番交渉はおやめください。
2) しつこい店外への誘いはおやめください。
3) 「痛い」「やめて」は我慢しきれず発しております。
4) 個人情報の収集や連絡先の要求はやめてください。
5) 女の子を愚弄するのはやめてください。
6) AVは映像作品です。演出をマネしないでください。

女の子からコンタクトを取ってきたにもかかわらず、時間と手間がかかるものです。
初対面でなんとか出来る女の子達ではありません。
手間と時間をかけて面接までこぎ着けても、半分以上は不採用です。
今時の若い女の子専門のスタンダードデリでは「昼職で通用しないタイプ」はデリでも通用しません。むしろ愛嬌と度胸と根性がある分かなり優秀です。もちろんたまに「昼職で通用しないタイプ」も居ますが、短期間で居なくなります。
両親や伴侶が公認の女の子は昔から結構な数おります。ただし、おそらく想像している様な家庭環境とは真逆です。公認の場合ほとんどがアッパークラスです。何事にもおおらかな人達です。
「仕方なく風俗」より「プライドを持ってデリ嬢」のことが多いです。些細な言葉に傷つきやすい女の子達です。

女の子にはかわいそうですが、今のデリでは「昼職で通用しないタイプ」はすぐに淘汰されちゃいます。

もともと他所でも十分に通用する女の子達ですから、上記のお願いが守られないと即居なくなっちゃいます。うっかりアフターフォローに手が回らなかったり、アフターフォローに失敗すると2度と連絡が取れなくなります。

2人続けて上記の事柄がありますと、店長の実力ではフォローが難しいです。
ウマい人は本当にウマくやるんですけどね。店長の師匠は凄かったです。

上記マナーをお守りいただき、実力不足の店長をお助けくださいますようお願いいたします。

明日は師匠から教わった引き抜きのテクニックを交えつつ、デリ嬢にモテるコツをお届けいたします。

call